2021年3月6日土曜日

 裏山から見える山々(2021年3月6日)

 裏山からは富士山を始め多くの山が見える。特に冬になる遠くがよく見えるようになり、数え切れないほど多くの山が見える。以前から気になっていたこれらの山の名前を調べてみよう(山座同定)と思い立った。
 幸い、カシミール3Dというソフト(作者:DAN杉本)にカシバードと言う機能があり、任意の地点から見ることの出来る山々を写真のように表現することが出来る。この写真は地図データを利用して作られるため、正確な山の姿が再現出来ている。結果は写真のような形で得られるので、実際に裏山で撮影した写真とカシバードの写真を突き合わせることにより、裏山から見える山々の名前を同定することが出来る。今回、この方針で裏山から見える山々の山座同定を試みた。
 その結果、明神ヶ岳、金時山、富士山、南アルプスの赤石岳と荒川三山、丹沢の山々、大菩薩峠、国師ヶ岳、甲武信ヶ岳、雲取山、武甲山などの山々を確認することが出来た。
以下、西から(富士山の左側から)順に主な結果を説明する。
なお、山の名前の入っている図は上記のカシバードで作成したものである。また、写真は3月3日の午前中に撮影した。

1)明神ヶ岳と金時山(標高1212、裏山からの距離57km)
  これらの山は富士山の左に見える。金時がシャープな三角形の山なので見つけやすい。



2)富士山(標高3776m、裏山からの距離82km)
 富士山は裏山から見ると、ほぼ西の方角にある。その為、春分の日の一週間後もしくは秋分の日の一週間まえ太陽が富士山の頂上付近に沈む所謂ダイヤモンド富士現象が見られる。

3)南アルプス赤石岳と荒川三山(標高3141m、裏山からの距離133km)
 赤石岳、荒川三山は当地から130kmの距離にある。地球が丸い影響で遠方の山は低く見える。そのため、手前にある標高の低い山によって簡単に遮られる事になる。赤石岳などとほぼ同じ距離・ほぼ同じ標高の八ヶ岳は頂上すら見ることが出来ない。それに対し、赤石岳と荒川三山は頂上付近だけではあるが、富士山の右側の裾にハッキリ見ることが出来る。これらの山々が見える方向に山が無かったと言う奇跡的偶然の結果である。偶然を喜びたい。


荒川三山を少し拡大すると、下記のようになる。



4)丹沢山系
 荒川三山の右に丹沢の山々が見える。手前が大山、すぐ後ろが塔ノ岳である。




5)大菩薩峠(黒岳から大菩薩嶺(標高2057m、裏山からの距離83km)
 丹沢山系が終わる地点から台地のような地形が見える;黒岳から大菩薩嶺に繋がる山脈である。右端が大菩薩嶺であり、大菩薩嶺の左の凹みが大菩薩峠になっている。大菩薩峠は鞍部なので分かり難い。大菩薩峠に左には三角形の石丸峠があり、こちらの方が探しやすい。石丸峠と大菩薩嶺の間の凹みが大菩薩峠である。


6)国師ヶ岳(標高2592m、裏山からの距離104km)
 大菩薩嶺の裾の部分に単独峰のように見える山が国師ヶ岳である。



7)甲武信ヶ岳(標高2475m、裏山からの距離102km)
 甲州、武州、信州にまたがる名山甲武信ヶ岳の頂上はあまり目立った形ではない。



8)雲取山(標高2017m、83km)
 雲取はわかり易いピークを持っている。


9)武甲山(標高1304m、裏山からの距離82km)
 標高の低い武甲山まで見えるとは意外だった。ハッキリとよく見える。



2021年2月4日木曜日

金沢自然公園(2021.2.3)

 最近良い天気が続いた為か、金沢自然公園の梅が見頃になりました。
梅の花は暫く楽しめそう。水仙もまだまだ見頃です。
一月前と比べると、グッと春になった印象です。





2021年1月16日土曜日

円海山歩く会(2021.01.15)

 金沢自然公園から大丸山を歩いて来ました。
金沢自然公園は東向きの谷に広がるので、午後2時頃までは谷に光がたっぷり当たります。このため、ハイキングの前半で金沢自然公園に行きました。

金沢自然公園の花壇はよく整備されていて、色々な花が咲いていました。公園内はロウバイ、水仙が満開で確実に春が来ている事を実感しました。この日は雲が多かったのが残念でしたが、青空が広がる日ならもっと素晴らしいだろうと想像します。
写真撮影は野々山さん。


売店近くの花壇

梅林では多くの梅の木が花をつけ始めていました


八重唐梅

八重唐梅の花





ツワブキ

ハナワラビ(大丸山;坂口さんによる)

2021年1月14日木曜日

金沢自然公園(2021.01.13)

 1月の澄んだ青い空の日が続く。水仙とロウバイが満開。
梅の花が行くたびに増えている。

紅梅(梅林)

紅梅(梅林)

1月の青空

ロウバイ(ウキウキの林)

ロウバイ(うきうきの林)

足跡(シダの谷)

カルガモ(みずの谷)

2021年1月5日火曜日

金沢自然公園(2021.01.04)

 1月の金沢自然公園(1月4日)

春を告げる水仙、ロウバイなどが満開、梅も少しずつ咲き始めていました。

ロウバイ(うきうきの林)

水仙(うきうきの林)

紅梅(梅林)

紅梅(梅林)

白梅(梅林)

カルガモ(みずの谷)


2020年6月18日木曜日

天園までのハイキング道開通後の状況(2020.6.16)

6月12日市境広場から天園までと天園から旧栄プールまでのハイキング道の通行禁止が解除されましたので、ヤマユリの開花状況を確かめるべく行ってきました。(まだ鎌倉市方面は解除になっていません)
後半の行程は勝手に「ヤマユリロード」と名付けているので(笑)楽しみでしたが、期待通り順調に開花が進んでいました。
途中期待していなかった(失礼!)天園のアジサイが見事だったのには、なんだか得したような…
ヤマユリロードではオカトラノオの群落も見事でした。
帰途は横浜自然観察の森を通って帰宅。3時間程度の散策でした。

市境広場から天園へ向かう入り口の掲示
途中の注意書き


天園での掲示(野七里方面 とは 旧栄プール方面のこと)

天園のアジサイ

天園のアジサイ

栄プール方面の道端 オカトラノオ

オカトラノオの群落

ヤマユリ

ヤマユリロード

ヤマユリロード